ロードバイクを楽しむためのマナー

自転車は楽しく心身ともに良い効果をもたらす素晴らしいスポークです。

しかし、気を抜くと転倒や車や歩行者との接触など危険な一面もあります。

安全に楽しくロードバイクライフを楽しむためにマナーや気を付けることを書いてみました。

参考にして下さい。

 

追い抜きをする時

一般道では自動車をはじめ、歩行者や自転車など、さまざまな方が活用しています。

速度もまちまちです。安全にみんなが走行できるよう次の手順で行ってください。

・15~20m手前から「右(左)通ります」と声をかける。

・減速して右(左)を通過する。

・通過最後尾は「ありがとうございました」などお礼を言いましょう。

 

お互い声掛けに心掛けよう

前方にいると後ろから来る車に意外と気付きません。

後ろから車が来た時は最後尾から順番に前に向かって「車!」と声を掛けましょう。

 

ハンドサインの出し方

声掛けと同時にハンドサインを活用するとより安全に走行することができます。

自転車に慣れてきたら積極的に活用しましょう。

サインを出すときは片手運転になってしまいます。

慣れない間は出さなくても大丈夫です。

無理なくいきましょう。

また、ショップやチーム間でオリジナルのサインやルールなどもある可能性があるので事前に確認しましょう。

ロードバイク,ハンドサイン右   ロードバイク,ハンドサイン左

右に曲がります               左に曲がります

 

         

右に寄れ(左右に動かします)                       左に寄れ(左右に動かします)

 

         

落下物があります                                         速度落とせ(上下に振ります)

 

         

止まれ                                                       後ろをついてきてください

 

先頭交代(お先にどうぞ~)

 

自転車は車です

自転車は、道路交通法では「軽車両」に分類されます。

したがって自転車は本来、車道を通行します。

原付(原動機付自転車)と同じく、 車道の左端を走るのが正しいのです。

本来、自転車で歩道を通行していいのは、標識のあるところだけです。

歩道の上では歩行者はさまざまな動きをします。

歩行者に怪我をさせないよう、自分が加害者とならないよう、スポーツ自転車では基本的に車道を走るようにしましょう。

また、標識の無い歩道を走る時は自転車から降りて押して歩きましょう。

 

車道を安全に走るために

自転車は車道を走りますが、自由に走っていいという訳ではありません。

原則は道路の左端を走ることです。

車道の右側を走るのは絶対にやめましょう!

自動車ドライバーは、たいてい自転車の存在を軽視します。

自転車がそんなにスピードが出るとは思っていません。

スピードが出ないと思っているから、こちらからすれば結構無茶なタイミングで追い越したりされます。

特に進路変更をする時や、自動車に道を譲るときなど、自動車に合図を送り、 自分の意思を伝えることで自分を守ることが出来ます。

優先意識を持たず、相手を先に行かせることに心掛けましょう!

夜間はライトを灯けて走りましょう。道路交通方で義務付けられています。

(前照灯・尾灯またはリフレクター)

 

仲間と集団で走行する時

仲間とのサイクリングや自転車のトレーニング。

自転車仲間との楽しいひと時ですが、横並びで走ってはいけません。交通妨害になります。

縦一列で走るようにしましょう。

そして、なるべく大集団にならないようにしましょう。

5台以上になりそうな時2つのグループ分けて走行しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です